黄金の都、ヤサカ。そこは異国との交易で華やいでいるというのは表の顔で、裏は、ならず者たちがうごめく群雄割拠の無法地帯。
そんなヤサカに嫌気がさしたノリは、鬼牙の金をくすねてヤサカを出るため、舟で沖にでる。
するとその舟に、背中に刀を背負っている男・ヒロが海の中から這い上がってきて、そのまま意識を失った。
ノリは、そんなヒロを介抱し、立ち去ろうとするが、鬼牙一派に捕まってしまう。しかしそこにヒロが現れ、まだ傷の癒えていない体だが、圧倒的な強さで、次々に鬼牙一派を倒していった。
翌日、鬼牙の手下たちと、ボウズ頭の集団が対峙していた。そこへ大きな象に乗ってサングラスをかけた男が…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001