ヤサカの通りでは、町の二大勢力である、アツシ率いる一団と鬼牙一派が睨み合っている。
鬼牙は、夕べ襲ってきた謎の流れ者は、アツシが雇った者だと勘違いしていた。
町の人々の迷惑になると思ったアツシは、鬼牙と後日対決することを約束する。
一方、ノリは、助けてくれたヒロにお礼を言い、去っていく。するとヒロのもとにアツシの仲間たちがやってきて、ヒロに鬼牙の一件で詫びをいれさせようとするが、ヒロに返り討ちにあうのだった。
アツシの一団と鬼牙一派の決戦の時がやってきた。勝負を決めるのは、誰か一人選んでの一対一の真剣勝負。アツシは自らその勝負に名乗りでるも、鬼牙は、助っ人を用意していた。その助っ人の名は、マキダイ。アツシ対マキダイ。いざ勝負!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001