中米メキシコでは連日のようにUFOが白昼堂々と現れ、数多くのビデオに収められている。1年間でUFOの実写ビデオは100本を超えているのだ。
UFOはなぜかポポ山と呼ばれる山の周辺に現れることが多く、中にはUFOに至近距離で出会い宇宙人にさらわれた人も多いと言う。我々、取材班がとらえたUFOは4つのライトをつけた巨大なものであることが分かった。皆既日食。おそらく全国民が空を見上げていたこの日。UFOは自らの存在を我々に知らせるかのように堂々と姿を現した。不思議なことに宇宙人にさらわれた人々は、なぜか全く同じ警告をされたと証言している。
それはポポ山の大噴火をきっかけに、世界各地にこの世のものとは思えない、大災害が次々と起きるというのだ。日本の一部も海中に没することになると予言したという。では一体なぜ。
宇宙人は人類の滅亡する日を知っているのだろうか。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001