爽子は、憧れ続けていた友達との朝の挨拶を現実のものとし、感動に浸っていた。そんな折、担任の代理で副担任の荒井一市(通称:ピン)が登壇してきた。ピンは早速生徒に出席簿作りを命じるのだが、嫌がるクラスメイトたちを見た爽子が手を挙げ・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001