爽子はくるみに、片想いの相手である風早と付き合いたいから手伝ってほしいと頼まれた。だが爽子は、風早が自分にとって特別な存在だと気づき、協力はできないと自分の意思を伝える。その言葉をきっかけに、くるみの本性が見え出し始める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001