爽子と龍が2人っきりで話しているのを見た風早は、いてもたってもいられなくなり、爽子の手を引っ張って走り出した。爽子は風早に引っ張られながら、この瞬間のこの自分の気持ちが"恋"であってほしいと強く願う。そんな爽子に、風早は「龍のこと、好きなの?」と聞いた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001