インテリア事業部で毎年恒例のお中元が当たる抽選が行われていた。お中元の内容は 「ヘリコプターに乗って花火鑑賞」で、部長はマコトを誘うようにとわざと蛍にそのチケットを当選させた。一方マコトは、ファニチャーアワードに出品しようとデザイン作業にいそしんでいた。仕事に没頭し、ギリギリの時間にデートにあらわれたマコト。マコトは同居人のことや時間を気にしなくていいよう 「一緒に暮らそう」 と提案するのだった。喜んで!」 と返事をした蛍だったが、干物女姿を見せていいのかを迷い始める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001