仕事を辞めソウルを離れようとしていたポクシルに母スノクが倒れたという連絡が入る。幸いスノクの病状は大したことなかったが、ポクシルは村の分校のチョ先生から出生の真実を聞かされる。それはポクシルがヘスの妹ヘリムであるという事。現実を受け止められないポクシル。実の母親から引き離してしまった事を泣きながら詫びるスノク。慈しみ合って暮らして来た二人は、動き出した運命を前にただ抱き合って泣くしかなかった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001