別れたスンヒと会って帰宅したポクシルは、動揺がおさまらず涙がとまらなくなる。心配するジニを気遣い、必死に想いを断ち切ろうとする。そんな娘の様子にジニも涙する。ジニはスンヒが撮影をしている現場に訪ねて行く。低予算ながらも丁寧に作品を作ろうと奮闘するスンヒの姿を見て、彼を見直し交際を認める。晴れて周囲も認める恋人同士になれたスンヒとポクシル。盛大な婚約式をするようジニに勧められポクシルは舞い上がるが。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001