#1

 
大学生の脇谷秀(濱田岳)は、優秀な兄の優(藤原竜也)と常に比較され、 劣等感を抱いて生きてきた。優は、有名ソーシャルネットワークの創始者として 名を馳せていたが、ある日突然の死を迎えてしまう。 兄の葬儀の日、クラブで友人と飲んでいた秀は謎の男と出会い、 彼に「兄貴を殺したのは君だ」と言われ動揺。そして睡眠薬を飲まされ、意識を失う。 気が付くと、秀は鉄格子の中に入れられていた。同じ房には、ホームレスの男が。 「我々は何かに選ばれた人間だ」と言うホームレスは、手に"00"と数字のタトゥーが彫られていた。そして秀の手にも、身に覚えのない"2"というタトゥーが……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001