#7

 
退院したさつき(稲森いずみ)は、遺族の苦しみを思い続けることだけが唯一の償いであるという想いを込めた小沢家への手紙を富田(田中美佐子)に託す。聖子(板谷由夏)は、同じ母親として犯人の母親の気持ちを知りたいと思いつつも、事件のことを思い出すことのつらさから、「手紙はこれで最後にしてほしい」と富田に伝え……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001