#9

 
審判で読み上げられた聖子(板谷由夏)からの智也(嘉数一星)宛ての手紙は「清貴(佐藤詩音)の分まで生きて、自分の犯した罪の重さを知ってほしい」というものだった。そして、智也は自立支援センターへ送られることに。一方、秀昭(佐野史郎)は自分が犯を恨み続けていくこと自体が家族を苦しめていると気づき……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001