#4

 
母の死の真相を知った子どもたちは家を出ていった。 恵一(長谷川博己)だけになった阿須田家。そんな中、三田(松嶋菜々子)は変わらずやってきて自分の仕事を淡々とこなす。どうしていいか分からない恵一は、三田に苦しい胸の内を語る。しかし、三田は何の感情も見せない。そんな三田に対して恵一は「もう来なくていい」とクビを告げる。三田は平然と「承知しました」と言い、去っていく。 出社した恵一は、不倫相手の美枝(野波麻帆)に「もう君しかいない」とすがるが、彼女からも冷たくあしらわれる。 一方、阿須田家の子供たちは、家を出てきたものの、祖父・義之(平泉 成)、叔母・うらら(相武紗季)と暮らすのも居心地が悪く、これからどうしていくかを話し合う。 絶対に父を許さないという結(忽那汐里)と翔(中川大志)、 父と別れてどうやって生活していくのかと現実的に考える海斗(綾部守人)、 とにかく家に帰りたがる希衣(本田望結)。4人はそれぞれの思いを抱いていた。 そんな中、三田から恵一と結に電話が・・・ 「希衣さんを誘拐しました。要求を飲めなければ命の保証はありません。」 驚いた恵一たちは希衣を探すが、行方は分からない。 希衣を誘拐した三田の目的とは?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001