ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

女王の教室

目覚めなさい 迷える子羊たち。
ある教室にある1人の鬼教師が登場する。彼女はただの暴君なのか?それとも「病める学校」を救う平成のジャンヌ・ダルクなのか??
日本テレビ系で2005年7月から9月にかけて放送され、賛否両論さまざまな波紋を投げかけた話題のドラマ!

2011年12月23日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#11

2138ポイント 購入する
40%
OFF

#1~#11

3,564ポイント 2,138ポイント 40%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11

各話一覧

並び順

#1

324ポイント 購入する

#1

324ポイント 7日間 57:13

この物語は、悪魔のような鬼教師に、小学6年の子供達が戦いを挑んだ一年間の記録――――新しく6年生になる神田和美(志田未来)は、始業式の日、自分が通う半崎小学校に阿久津真矢(天海祐希)という新任の教師がやってくると知った。母・章子(羽田美智子)の話によると、真矢は2年間現場から離れてはいたものの、受け持った生徒の成績を必ず上げ、私立への合格者も出す優秀な教師らしい。だが、姉の優(夏帆)は、真矢に関して信じられないほどの恐ろしい噂があると言う。面白い学年主任の並木平三郎(内藤剛志)、優しいお姉さんのような天童しおり (原沙知絵)らに迎えられて校門を入った和美は、すぐにクラス替えの表示を見た。和美は、親友の恵里花(梶原ひかり)と同じ3組。喜んだのも束の間、3組の担任が真矢だと知らされる。そして、教室に現れた真矢は、いきなりテストをすると告げた。さらに、毎週実施するテストでの成績上位者には、さまざまな特権が与えられ、成績が一番悪かった2人は、クラスの雑用を全て担当する"代表委員"をやらなくてはいけないと言う。差別だと講義する生徒たちに、現実の社会は、特権階級とそうでない階級に分かれ、たった6パーセントの特権階級が幸せを享受している、と説明した。黙り込んでしまった生徒たちに、真矢は、勝ち誇ったように、テスト用紙を配り始める。これが、阿久津真矢の恐怖の指導の始まりだった……

詳細

#2

324ポイント 購入する

#2

324ポイント 7日間 45:51

和美(志田未来)をかばうため、真矢(天海祐希)に抗議したひかる(福田麻由子)は、教師に逆らった罰で、和美の代わりに代表委員をやらされることになった。和美は、自分のせいでひかるが雑用をすることになったのが心苦しく、真矢にひかるを許して欲しいと懇願する。しかし、真矢は授業以外で自分に話かけていいのは、成績上位の2名だけだと突っぱねた。真矢の指導はエスカレートし、誰かが遅刻して授業の開始が遅れた場合は、休み時間を短くすると宣告する。真矢のやり方に不満を持った生徒たちは、とうとう保護者たちに告口をした。一斉に学校に乗り込んで来た保護者たちに、真矢は一人ひとりと話をしたいと言う。だが、真矢と面談を終えた保護者たちは、すっかり真矢を信用し、素晴らしい教師だと喜んで帰ってしまった。作戦が失敗に終わり、落胆する生徒たちに、真矢は自分に逆らっても無駄だ。なぜなら、あなたたちのことなら何でも知っているのだから、と言う。お調子者の由介(松川尚瑠輝)は、じゃあ僕のことも知ってるのかと、真矢を挑発する。真矢は、クラスメイトたちの前で、由介の家庭の事情を次々と暴露した。由介の知られざる家庭環境を知ってしまった和美は、目に涙を溜めて立ち上がり……

詳細

#3

324ポイント 購入する

#3

324ポイント 7日間 45:52

開校記念日に、和美(志田未来)たちの6年3組は、創作ダンスを披露することになった。真矢(天海祐希)は、ダンスが上手かった人にはご褒美を、ダンスを台無しにした人には責任を取ってもらうと言う。早速始まった創作ダンスの練習で、久子(永井杏)は、リズム感がなく、上手く踊ることができない。真矢には、他の人の迷惑になるとまで言われてしまう。見かねた和美が久子を庇うが、逆にあなたのダンスも和を乱している。下手なくせに目立とうとし過ぎだと言われ、さらに2人は、真矢から掃除の罰を与えられてしまった。しかし、和美と久子はそれがきかっけで仲良くなり、一緒にダンスの特訓を始める。今まで友達がいなかった久子は、和美との間に友情が芽生えたことが嬉しかった。特訓のかいあって、前日の練習で、間違わずに踊れるようになった久子。だが、真矢は久子にあまりにも酷い通告をした。真矢の久子に対する態度に怒りが収まらない和美は、クラスメイトたちに、開校記念日のダンスをボイコットしようと提案する。一致団結して盛り上がる生徒たち。そして、いよいよ開校記念日当日を迎えたのだが……

詳細

#4

324ポイント 購入する

#4

324ポイント 7日間 45:50

生徒たちの監視強化を狙う真矢(天海祐希)は、クラスをグループ分けし、班ごとに連帯責任を取らせると宣言した。和美(志田未来)は、由介(松川尚瑠輝)、ひかる(福田麻由子)、久子(永井杏)と同じ班になる。ダンスのボイコット作戦を真矢に密告した久子が班のリーダーになったため、和美の班はギクシャクするばかり。そんな中、マリ(柳田衣里佳)のサイフが盗まれる事件が起きた。真矢は、すぐさま、犯人に名乗り出るようにと言う。だが、犯人が名乗り出ないと知るや、クラス全員の連帯責任だとして、生徒全員の反省文を書くよう命令。さらに、宿題を増やし、全員を雑用係りにする、と言い出した。これには、クラス中が疑心暗鬼となり、お互いを責め始める。そんなクラスの荒んだ空気に心を痛め、一人で明るくしようと試みる和美。これに対し、このクラスは期待できないとサジを投げる由介。そして、ひかるはじっと状況を見つめるだけ。一緒にダンスをボイコットした3人の気持ちは、だんだんと離れ始めていた。そんな中、偶然校舎裏を通りかかった和美は、焼却炉にマリのサイフを捨てようとしている犯人を目撃する。和美は、自首するように勧めるが、思いもよらぬことを犯人に言われてしまい……

詳細

#5

324ポイント 購入する

#5

324ポイント 7日間 46:05

マリ(柳田衣里佳)のサイフを盗んだ犯人の名前を明かさなかったことで、逆に犯人ということにされてしまった和美。そんな和美に、クラスメイトたちのイジメが始まった。頼みの由介(松川尚瑠輝)が学校を休み、ひかる(福田麻由子)が我関せずという態度を取ったため、和美は孤立無援状態に。一人寂しく下校することになった和美は、ふと、いつも陽気で笑っている由介のことを思い出した。だが、和美の知らないところで、真矢(天海祐希)は、学校を休んでいる由介に、早々に卒業証書を渡し、3月まで学校に来なくていいと告げていた。それを知った和美は、すぐさま由介に会いに行く。しかし、由介は全く学校に行く気がないと言い、さらにイジメのことを相談しようとした和美に、モグラのヌイグルミを使って、いつものようにおちゃらけるばかり。怒った和美は、ヌイグルミを川原の草むらに放り投げてしまう。そして、「絶好よ!」という言葉だけ残して、逃げ帰ってしまった。まもなく和美は、ヌイグルミをなくした由介が落ち込んでいると告げられた。あのヌイグルミは由介を捨てていった母親が残した唯一の形見。自分が由介の心を傷つけたと気付いた和美は、必死でモグラのヌイグルミを探し……

詳細

#6

324ポイント 購入する

#6

324ポイント 7日間 46:05

「私の教室では夏休みはありません。今までどおり毎日学校に来てもらいます。」と、突然宣言する真矢(天海祐希)。夏休み中のテストで成績が優秀な生徒や生活態度がいい生徒には、カードにシールを貼り、点数をグラフにして貼り出すと言う。和美(志田未来)は、小学校最後の夏休みは、楽しい思い出を作ったりするべきだと主張したが、クラスメイトたちは、真矢に逆らうことを恐れ、夏休みも学校に来ると約束した。そんなある日、和美と由介(松川尚瑠輝)は、自分たちに共感してくれていながらも、なかなか心を開いてくれないひかる(福田麻由子)のことをもっと知ろうと、断りもなく、ひかるの家に遊びに行った。ひかるの母親は、2人を歓迎し、学校でのひかるの様子を根掘り葉掘り聞く。だが、そこへ帰宅したひかるは、和美たちに、私はあなたの親友じゃないと言い捨て、2人を部屋から追い出してしまう。ひかるの気持ちがわからず、落ち込んでいた和美だったが、もっとひかるやクラスメイトたちのことを知って仲良くなろうと決心し、クラスメイト全員に手紙を書いたのだった。しかし、和美からの手紙を読んだ生徒たちは、手紙をバカにしたり、破り捨ててしまったり。それを見て怒った由介と、生徒たちの間で揉み合いとなり、ガラスが割れる大きな音とと共に、床には大量の血が流れ……

詳細

#7

324ポイント 購入する

#7

324ポイント 7日間 46:05

夏休み中、和美(志田未来)のおかげでクラスがひとつになり、真矢(天海祐希)にはもう従わないと宣言した生徒たち。だが、新学期が始まり学校へ行くと、和美たち4人以外は、あの後も学校へ来ていて、4人の机だけ倉庫にしまわれていた。授業が始まっても、真矢は和美たちの事を完全に無視し、授業も先の方に進んでいて、和美たちはまったくついていくことができなかった。またもクラスメイトたちに裏切られて、ショックを隠しきれない4人は、校長と教頭に、真矢が自分たちを無視していると報告をする。しかし、その様子を見ていた恵里花(梶原ひかり)が、すぐさま真矢に忠告し、真矢は和美たちを無視するのを止め、校長と教頭は授業風景を見て問題ないと判断してしまった。そんなある日、和美が登校すると、恵里花と真矢が、一緒にいるところを偶然見かけ、気になって2人の入った部屋を覗いてしまう。だが、すぐに他の生徒たちも登校してきて、一緒に覗き見することになってしまった。しかも、恵里花は真矢の悪口を言っている生徒たちの名前を告口する。教室に戻った恵里花に、生徒たちの視線は厳しかった。スパイのようなことをして、自分たちを裏切ったと責められる恵里花。恵里花は、泣きながら教室を飛び出してしまい、心配した和美たちは心当たりを探し回った。その日の夜、恵里花は誰もいない教室に戻って来ていた。そして突然、教室に灯油を撒き始め……

詳細

#8

324ポイント 購入する

#8

324ポイント 7日間 46:04

真矢(天海祐希)に、私立を受けない人は、受験する人たちの邪魔をしないようにと釘を刺される生徒たち。それを聞いたひかる(福田麻由子)は、テストの点数で何もかも決めるのは止めて欲しいと意見する。クラスの半数の生徒も、ひかるに賛同した。だが、それはみんな私立を受験しない生徒たちだった。公立中学組の生徒たちは、みんなで真矢撃退対策の作戦会議をする。真矢が教職を離れていた2年間、再教育センターに行っていたことを利用し、保護者たちを説得しようとした和美(志田未来)たちだったが、保護者たちを完全に味方につけている真矢には敵わないと諦める。結局、真矢が担任を辞めるまで授業をストライキすることに決め、翌日真矢に宣言した。だが、真矢はまったく動じず、残ったのは私立を受験する生徒たちばかりなので、勉強に集中するため、クラスでやる学校行事もすべて参加しないと言い出だした。生徒が半分になってしまった教室で、黙々と勉強をする生徒たち。一方、公立中学組は、真矢の弱点を探ろうと動き出す。だが、逆に真矢の策略にはまり、私立中学組と公立中学組は、お互いを憎むようになってしまった。そして、とうとう大きな喧嘩が勃発し、公立中学組の由介(松川尚瑠輝)は、私立中学組の浩一(酒井翔太郎)を殴って、ケガを負わせてしまう。クラスがバラバラになってしまうことを悲しんだ和美は、みんなで卒業制作を作ろうと提案するのだが……

詳細

#9

324ポイント 購入する

#9

324ポイント 7日間 45:52

真矢(天海祐希)は、クラスの生徒全員にある資料を配った。そこには、4月からの成績はもちろんのこと、それぞれが今まで隠していた秘密や嘘が全て書かれていた。配られた資料を見て、思わず凍りつく生徒たち。真矢は、これを見ながら三社面談をするのが嫌なら、おとなしく自分の言う通りにするようにと告げ、教室を出ていった。いよいよ三者面談の当日。和美(志田未来)の番になり、母・章子は(羽田美智子)は、和美に私立を受験するようにと言うが、和美は公立でいいと答えた。真矢はそんな和美を、母親の言うとおりにするよう説得する。将来の夢も、やりたいことも決まってない和美は、反論することもできず、納得がいかないまま、黙って口を噤むしかなかった。三者面談の翌日、クラスのみんなは、親や保護者と喧嘩したと口々に言う。そんなある日、ひかるの母・麗子(奥貫薫)が、突然和美の家を訪れ、章子と子育て悩みについて打ち明けあう。それを聞いてしまった和美は、自分の言葉が、思っている以上に母親を深く傷付けてしまっていたことを知る。しかし、クラスメイトたちは、これ以上真矢と保護者たちの言いなりになることに、嫌気が差し、真矢のパソコンに入ってる自分たちのデータを消そうと言い出し……

詳細

#10

324ポイント 購入する

#10

324ポイント 7日間 45:42

一致団結して、真矢(天海祐希)と戦ううちに、クラスの雰囲気も良くなり、和美(志田未来)も素直にそれを喜んでいた。真矢がいつも通り、テストを始めようとすると、ひかる(福田麻由子)が、これからは成績に関係なく、交代でクラスの雑用をし、クラスのことは自分たちで決めると宣言する。それを聞いた真矢は、テストは二度としないと言ったが、逆に前よりもさらに指導が厳しくなった。遅刻した生徒には授業を受けさせず、給食は嫌いなものでも全部食べ終わるまでは昼休みを与えず、学校に余計な物を持って来た場合は即没収し、二度と返してもらえなかった。意気消沈しているクラスメイトたちに、ひかるは真矢と本気で戦うなら、もっと自分たちがしっかりするしかないと諭す。余計なものは学校に持ってこない、時間を大切にする、食べるものを大切にする。生徒たちは、もしかして真矢は本当はいい先生なんじゃないかと思い始める。一方、真矢のいき過ぎた指導方法が、教育委員会のホームページに告発され、教育委員会の西郷(根岸季衣)が、調査のために、真矢の授業を見学することになった。生徒たちは、真矢が本当はいい先生なのかどうか見極めるため、教育委員会の前では答えにくい質問ぶつけてみることにした。だがそこで、真矢の思いもよらぬ過去を知ることとなり……

詳細

#11

324ポイント 購入する

#11

324ポイント 7日間 01:09:26

今やクラスは一つになり、生徒たちも、真矢(天海祐希)のことを尊敬するようになっていた。和美(志田未来)も、真矢にもっと勉強を教えてもらいたいと思うようになり、前向きに、私立中学を受験することを決めた。そんな矢先、真矢が突然倒れて入院してしまう。この何ヶ月間、ほとんど寝ず、食事もちゃんと摂っていなかったのだという。病院に付き添った平三郎(内藤剛志)は、思いがけず、真矢の過労の原因を知り、本当は生徒想いの素晴らしい教師だと考えを改める。だが、教頭は問題ばかり起こす真矢を、このまま辞めさせようと考えていた。真矢がなかなか復帰しないことにしびれを切らした生徒たちは、真矢の病院を教えて欲しいと、しおり(原沙知絵)に頼み込む。しかし、真矢は病院からも自宅からも、姿を消していた。どうしても真矢に会いたい一心で、クラスメイトたちは、わざと問題を起こしてピンチになれば、必ず真矢が助けに来てくれるはずだと話し合う。早速、クラスの女子が援助交際をして、知らない男の人たちとカラオケに行く。だが、カラオケボックスから出ると、強引に車に乗せられそうになり……さらに、教育委員会から、真矢を再教育センターに送るようにとの通達が来てしまった。卒業式を待たずに、和美たちの前から姿を消す真矢。そして、卒業式当日。6年3組の生徒たちは、真矢に精一杯の想いをぶつけ……

詳細

キャスト

製作年 2005年 製作国   日本

これもチェック

 女王の教室を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001