#5

 
マリ(柳田衣里佳)のサイフを盗んだ犯人の名前を明かさなかったことで、逆に犯人ということにされてしまった和美。そんな和美に、クラスメイトたちのイジメが始まった。頼みの由介(松川尚瑠輝)が学校を休み、ひかる(福田麻由子)が我関せずという態度を取ったため、和美は孤立無援状態に。一人寂しく下校することになった和美は、ふと、いつも陽気で笑っている由介のことを思い出した。だが、和美の知らないところで、真矢(天海祐希)は、学校を休んでいる由介に、早々に卒業証書を渡し、3月まで学校に来なくていいと告げていた。それを知った和美は、すぐさま由介に会いに行く。しかし、由介は全く学校に行く気がないと言い、さらにイジメのことを相談しようとした和美に、モグラのヌイグルミを使って、いつものようにおちゃらけるばかり。怒った和美は、ヌイグルミを川原の草むらに放り投げてしまう。そして、「絶好よ!」という言葉だけ残して、逃げ帰ってしまった。まもなく和美は、ヌイグルミをなくした由介が落ち込んでいると告げられた。あのヌイグルミは由介を捨てていった母親が残した唯一の形見。自分が由介の心を傷つけたと気付いた和美は、必死でモグラのヌイグルミを探し……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001