#10

 
一致団結して、真矢(天海祐希)と戦ううちに、クラスの雰囲気も良くなり、和美(志田未来)も素直にそれを喜んでいた。真矢がいつも通り、テストを始めようとすると、ひかる(福田麻由子)が、これからは成績に関係なく、交代でクラスの雑用をし、クラスのことは自分たちで決めると宣言する。それを聞いた真矢は、テストは二度としないと言ったが、逆に前よりもさらに指導が厳しくなった。遅刻した生徒には授業を受けさせず、給食は嫌いなものでも全部食べ終わるまでは昼休みを与えず、学校に余計な物を持って来た場合は即没収し、二度と返してもらえなかった。意気消沈しているクラスメイトたちに、ひかるは真矢と本気で戦うなら、もっと自分たちがしっかりするしかないと諭す。余計なものは学校に持ってこない、時間を大切にする、食べるものを大切にする。生徒たちは、もしかして真矢は本当はいい先生なんじゃないかと思い始める。一方、真矢のいき過ぎた指導方法が、教育委員会のホームページに告発され、教育委員会の西郷(根岸季衣)が、調査のために、真矢の授業を見学することになった。生徒たちは、真矢が本当はいい先生なのかどうか見極めるため、教育委員会の前では答えにくい質問ぶつけてみることにした。だがそこで、真矢の思いもよらぬ過去を知ることとなり……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001