美里(剛力彩芽)と三郎(瀬戸康史)は、高校生の服部(落合モトキ)が起こした事件を担当することに。 服部は、所属するサッカー部の部室に忍び込んで荒らし、ボールに穴を開けたりするなど破壊行為をしたという罪に問われていた。服部は容疑を認めていたが、美里は服部が無実だと言い出す。すると服部は、みんなから疑いの目で見られたことでヤケになり、罪を認めてしまったと告白する。 美里と三郎は、事件の再捜査を開始。服部の学校でサッカー部顧問を務める湯島(小木茂光)を訪ねる。湯島は、犯行時刻に部室から服部が出てくるのを目撃し、服部を捕まえようとして倒されたと証言。 しかし、湯島の証言はすべて暗がりの中での出来事であり、湯島は服部の顔をはっきり見たわけではないことが分かる。服部は冤罪の可能性が高まるが、湯島は服部が犯人だと思い込んで譲らず、服部には犯行時刻にアリバイがなかった。美里は、犯行現場の部室に漂っていた匂いに解決の手がかりを見つける。 そんな中、磯貝(森廉)が偽装結婚しているのではないかという噂が広がる。松平(東幹久)が問いただすが、磯貝は答えようとしない。磯貝は、テイ(吉木りさ)という中国人女性が勤めているパン屋に通っていて…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001