峯太郎(佐藤隆太)は、目を二重にしたくてまぶたを接着剤でくっつけてしまった8歳の少女・えりざ(石井晏璃)とその母・文乃と出会う。峯太郎の処置により、えりざの目は元通りになるが、文乃は二重にしたいと言ってきかないえりざのために、手術をしてほしいと言い出す。幼い子供まで美しくなりたいという執着する現実に、愕然とする峯太郎。そんな中、富坂(三浦翔平)と2人で出かけることになった峯太郎。聞きたくもないBSCスタッフのプライベートを聞かされた上、「先生は仲間だと思うから」と告げられてうんざりする。一方、唯一気を許している裕(綾野剛)につい愚痴ってしまった姿を「女々しい」と言われ、複雑な心境になる。そんなある日、乳がんで乳房を失った女性・景子(銀粉蝶)の乳房再建手術で助手を務めることになった峯太郎。術後の晩、眠れないでいた景子は、当直だった峯太郎に自分の過去を語り始める。景子の過去は、峯太郎の悲しい思い出を呼び起こすものだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001