ある日、良庵と万二郎は、麻布の蕎麦屋で、偶然再会する。二人とも善正寺の住職の娘・おせきに夢中で、会いに来たところだったのだ。ここでもライバル心を燃やす二人。しかし、その帰り道、見知らぬ侍たちに襲われた良庵を万二郎は、思わず助け、二人の侍を斬ってしまう。が、今度は、それが原因で万二郎は玄武館の門下生に狙われる事に。そして、万二郎と果たすべく現れたのは、あの清河八郎だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001