安政四年、アメリカ使節ハリスが将軍・家定に謁見することに決まった。しかし、生まれつき体が脆弱な家定は会話もままならない。老中は奥医師を集め、1ヶ月で全治させるよう命令する。困った奥医師の一人は密かに蘭方医・伊東玄朴に相談をする。玄朴と良仙は蘭方医にとって二度とない好機と考え、良庵と万二郎を呼び名案を考えさせるのだが果して、その結果は・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001