幕府の攘夷派への弾圧が激しくなる中、良庵の策により死んだことになっている万二郎は、江戸の状況を伝えるため水戸藩家老・安島帯刀に会いに行く。そこで万二郎は、高橋多一郎ら尊王の志士と出会う。幕府を立て直したいと言う万二郎に対して彼らの意見は・・・。その頃江戸では神田に起きた火事により、種痘所が焼けるという惨事が起きていた。再建する為に大金が必要な良庵は、新港・横浜に店を持ったお紺を訪ね、金を調達してくれそうな店の客を紹介してもらうが、ある事件に巻き込まれる・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001