安政の大獄が終わった万延元年夏、死人として水戸に潜んでいる万二郎は勝麟太郎(海舟)から呼ばれ江戸に戻る。幕臣として善福寺のハリス警護役に戻ってくれとのこと。驚く万二郎だが、すぐに善福寺に向かう、とそこで丑久保陶兵衛らの刺客に襲われる。陶兵衛を追って万二郎は、彼の家にたどり着くがそこには…。その頃、良仙が卒中で倒れてしまう、具合を診た俊斎は良庵にある事を告げる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001