元治元年夏、訓練に励む万二郎と歩兵隊の兵士たちの前に真忠組、楠音次郎の妹・綾が突然現れ、その場で倒れてしまう。江戸の評定所で拷問を受け、正気を失いかけながらも兄の仇を討ちに来たのだろう。父の仇である音次郎の妹にも関わらず、万二郎は綾を引き取るという。その頃、幕府は朝敵として京を追われた長州藩を討伐する準備をしていた。万二郎と歩兵隊も江戸を出発し大阪へ。そこで万二郎は、坂本竜馬に出会う。坂本は、徳川幕府はもうおしまいだ、新しい国を作ると言うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001