慶応4年3月10日、勝海舟と西郷隆盛の会談により江戸城は開城され江戸は戦火から免れた。その頃、綾の容体は回復に向かっていた。良庵が綾の気持ちを確認することで、万二郎と綾は結婚することになった。しかし、万二郎は武士として時代に取り残されたと感じ悩んでいた。婚儀の席で、上野の彰義隊が徳川慶喜を守るため、寛永寺に立てこもっていることを聞いた万二郎は、婚儀の後、突然鎧姿に着替えて綾の前に現れる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001