宝町税務署の新米徴収官・鈴宮深樹(井上真央)は、消費税や源泉所得税などの滞納税を徴収する公務員。この日初めてのS(=差し押さえ)をするため、滞納税約1300万円の皆川夫妻の自宅にやってきた。しかし、夫妻に塩を撒かれ、ぬか味噌を投げつけられ逆ギレされる。鈴宮が困り果てていると、そこに先輩徴収官の木綿子(鈴木砂羽)と釜池(笠原秀幸)、さらに見知らぬ男が応援にやってくる。男は特別国税徴収官(=トッカン)の鏡(北村有起哉)。トッカンとは悪質な滞納者を扱う徴収官のエリートだ。鏡は躊躇なく皆川夫妻の資産を次々と差し押さえ、なんと愛犬のリリコまで徴収していく。その強引な方法に疑問を抱く鈴宮だが、トッカン付に任命されてしまう。次に鏡と鈴宮は「大島プラスチック」に向かう。アクリルケールを製造する工場で、主人の照夫(泉谷しげる)と妻・史子(りりィ)は休みなく働いても赤字が減らず、約650万円を滞納していた。「こんなの弱い者いじめよ!」と嘆く史子に、鈴宮は何も言えなくなる。同時に鈴宮は自身のあるつらい過去を思い出していた―。「大島プラスチックから差し押さえするのは無理だと思う」という鈴宮を、鏡は「ならばお前が担当しろ」と冷たく突き放す。そして鏡は鈴宮を、銀座でクラブを経営する白川耀子(若村麻由美)の差し押さえに連れて行く。滞納税約400万円の彼女は高級マンションに住み、高価な品々に囲まれても「店は赤字だ」と税金を払おうとしない。ある日、鈴宮は照夫から「大口の仕事が入ったから、最後のチャンスをくれ」と頭を下げられる。鈴宮は照夫を信じて工場に日参し、少しでも手助けをしようとする。照夫の仕事は順調に進むが、しかし思わぬ事態が待ち受けていた――。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001