Q10

 
 
高校3年の深井平太(佐藤健)は、ある日誰もいない理科準備室で、眠っている女の子(前田敦子)を見つける。平太が彼女のある部分に触れると、いきなり女の子が目を覚ました――。実は彼女は前の晩、校長の岸本路郎(小野武彦)が繁華街のゴミ箱で見つけ、酔ったいきおいで家に連れ帰った子だった。翌朝、息をしていないことに驚いた校長は平太の担任の小川訪(田中裕二)に助けを求め、理科準備室に隠しておいたのだ。居合わせた工学博士・柳栗子(薬師丸ひろ子)は、彼女をロボットだと見抜く。しかし、どこを見ても人間としか見えない。何か秘密があるに違いない。スキャンダルを恐れた岸本は、ある提案をする。「このことは4人だけの秘密だから―――」成り行き上、学校では平太がロボットの面倒を見ることになった。そんなとき平太は、校長室に入り込んで校長のイスをナイフで切り刻む生徒を目撃する……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001