女好きのロボットオタク・ロボ(松山ケンイチ)と、7色の声を操る14才の少女・ニコ(大後寿々花)がスパイとして活躍する笑いと涙と感動の痛快冒険活劇。ちまたでは連続殺人事件が騒がれる中、家と学校とコンビニを行き来するだけの退屈な生活に飽き飽きしていたニコ。しかしある日の下校途中、2人の男が血まみれで争う「事件」を目撃する。生まれて初めて見た衝撃的光景に興奮覚めやらないニコは、誰かに話したくてたまらなくなり、テレクラに電話。大人の女性の声色を使って、「一緒に現場に行ってほしい」と、電話口の男に頼み込むことにした。 やってきたのは、ロボットオタクでパッと見、風変わりな青年・ロボ。現れたニコの幼さに驚きを隠せないロボだったが、うまいこと言いくるめたニコは、2人で「事件」の現場に向かうことにした。だが、血痕もなくなっていて、何事もなかったかのよう。ただ一つ、「ゴミ」の詰まった箱があることを除いて。それでも、どうしても「事件」と「ゴミ」のことが気になるニコは、レアなフィギュア「MAXロボ」でロボを買収。かくして2人は「事件」の捜査を始めることになった。捜査を続ける中、三日坊主(中村獅童)という3日間しか記憶が持たない男に出会う。興味を持った2人は、三日坊主と接するうちに打ち解けていく。しかし、三日坊主の「正体」を知ってしまったロボとニコは――

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001