美和の仕業によって手術は失敗し、義彦は植物状態に陥った。医療ミスの責任が自分にあると信じた拓巳(竹野内豊)は、病院を出ていく。窮地に立たされた永世会病院の管財人となった貴子(丘みつ子)は、実は祥子(細川直美)の母親であった。秀一は貴子の求めに応じ、祥子と婚約することに!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001