祥子の死後、病院を休み、部屋にこもりきりでいる秀一を心配した彩は、彼の見舞いに訪れる。秀一は変わらぬ愛を彩に告げるが、彩は拓巳との結婚を宣言し、自分たちを祝福して欲しい、と求める。だが、秀一にはそれに応えられるはずもない。やがて、秀一の部屋を訪れた貴子(丘みつ子)が、一緒にいる二人を目撃し・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001