彩(酒井法子)の気持ちが、まだ秀一(大沢たかお)にあると知りながらも、拓巳(竹野内豊)は彩を諦められないでいた。一方、拓巳を傷つけてしまったことを後悔する彩は、なんとしても謝ろうと拓巳と待ち合わせをする。約束の時間、拓巳は待ち続ける彩の姿を認めたものの、彩の前に出て行くことができない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001