神楽工業が矢代高校をシメたという噂が九島の校内を駆けめぐった。神楽の頭・兼光(遠藤雄弥)はシャケにも引けをとらない実力者で、かつてはシャケと真っ向勝負を繰り広げた末に引き分けているほどだ。配下の幹部も強者ぞろいで、界隈の学校はほとんど神楽の傘下となっていた。それほどの力がありながら兼光は九島との一戦には興味を示さずにいた。煮え切らない兼光の態度に幹部の正門(堀井新太)は苛立ちを見せる。兼光を頂点に押し上げてやりたいという思いを胸に、正門はほかの幹部たちとともに、兼光抜きで九島に宣戦布告。神楽に襲撃された卜部はボコボコにされてしまう。そんな騒ぎの中、椎葉は兼光との闘いに闘志を燃やしていた。ひとりで神楽に乗り込んだ椎葉は、シャケも兼光も叩きのめしてテッペンをとると宣言し、兼光に殴りかかる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001