武戸井彩未(北川景子)が担任を務める5年2組の生徒、佐藤未来(田爪愛里)と清水莉音(豊田留妃)2人は同じバレエ教室に通っていた。莉音の母、麻子(森尾由美)は莉音を未来に負けないバレリーナにするため、身を削って資金を捻出し莉音にバレエを習わせていた。そんな折、また古藤結衣子(木村真那月)が予知夢を見た。内容は"ステージ上で白鳥の湖を踊る莉音に、悪魔と化した麻子が鎌で切りつけると、莉音は「白鳥の未来」と「黒鳥の莉音」に分裂。そこに河童が現れ「白鳥の未来」の羽をむしり取る"という悪夢だった。バレエ発表会の日、予知夢が気になり、会場にやってきた彩未、結衣子。沢山の客が入ったステージ上で堂々と踊る莉音。だが、しかし、突然のアクシデントが莉音を襲い…。一方、古藤万之介(小日向文世)の研究室を去った志岐貴(GACKT)は、山里(和田正人)と共に、新たな「獏」の開発に取り組んでいた。そこに現れる平島琴葉(優香)。彼女はある人物の「夢札」を携えていて…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001