予知夢を見ることの出来る人間がいる事をマスコミに公表し、世間の注目を集めた志岐貴(GACKT)。志岐は、古藤結衣子(木村真那月)の存在を世間に公表されたくなければ、結衣子を自分の研究室に連れてくるようにと彩未(北川景子)を脅した。自分の忌まわしき過去の影に怯える彩未は、その事実を悟られまいと、結衣子や万之介(小日向文世)から距離を置こうとする。一方、要求に応じない彩未に痺れを切らした志岐は、助手の山里峰樹(和田正人)を使い、下校中の結衣子を強引にさらってしまう。志岐の巧みな誘導で、結衣子は自分の存在が彩未を苦しめているものと思い込んでしまう。志岐に言われるがまま、刑事の春山元司(田中哲司)が連れてきた"殺人事件の重要参考人"の予知夢を見る結衣子。その内容は恐ろしいものだった。夢の力で事件を解決しようと試みる志岐を見て、結衣子はある決心をする。そして、更なる記憶が甦った彩未も、ある大きな決断を…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001