事件の余波で、部の活動は休止状態。しょう子も伏せ、珠代のもとには怪しいジャーナリストが迫る。混然とした状況の中で、岡倉は琳に「フェーゴは破棄した」と放言。だがショックを受ける琳に対し「お前は俺が守る」とも呟くのだった。琳の心は惑う。真意の掴めぬ岡倉の行動に? 非日常的な喧騒に? いや、それだけではない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001