天保13年。天保の改革によって、民衆の贅沢が禁じられた時代。 江戸の外れの河原で青い獣と白い獣が死闘を展開していた。そこには、二匹の獣を捕らえようとする南町奉行所の目付黒衣衆と、それを率いる鳥居耀蔵の姿も。彼らは青い獣を討ち取るものの、白い獣を取り逃がす。そのきっかけとなったのは、当時御法度とされていた打ち上げ花火であった。 花火を打ち上げたのは玉屋清吉。花火に情熱を燃やす花火師少年は、天保の改革により公の場で仕事ができず、人目を忍び試作花火の実験をしていたのだ。 翌朝、清吉は長屋に帰ると、南町奉行所同心の赤井西之介に、花火の犯人として疑いをかけられる。錠前屋の銀次郎の機転により、上手く誤魔化してもらう清吉だが、今度はソラと名乗る謎の少女が現われる。昨夜の花火が清吉の仕業であることを知っていたソラは、「月まで届く打ち上げ花火を作ってほしい」と清吉に頼み込む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001