掘割に町娘の死体が浮く。血吸いの獣の犠牲者が、また出てしまった。警戒をかいくぐるかのような犯行に、眼は、内通者がいるのではないかと言いだす。眼は疑いの目を白い獣を庇ったかのような言動をし、風来長屋から黒衣衆を遠ざける頭の臍に向ける。戸惑う膝、踝、踵達は、どうしても疑いを拭い去る事ができず、風来長屋を実地調査することに。そして、踵は長屋の入り口で持病のしゃくを騙り、膝は行き倒れを装い、風来長屋に忍び込むことに成功する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001