「東野・岡村の旅猿」のルーツそれは、インド。2008年、東野幸治たっての希望で、岡村隆史の人生初のプライベート海外旅行としてインドへ行った。そこでは、バックパッカーさながら、ろくに風呂も入らず、寝台列車での移動など、睡眠もままならない過酷なロケを繰り広げ、二人はやっとのことで、ガンジス河で沐浴をするというゴールにたどり着いたのでした。2010年、東野はある人物と再びインドに行きたいと言い出した。その人物とは・・・「出川哲朗」。東野から、恒例の「喫茶 ぶらじる」に呼び出された出川。 過去にさまざまな国へ行ったことがある出川だったが、なんとインドは初めて。後日、成田空港に集合する東野と出川。いきあたりばったりでふたりに起こる、 想定外のハプニング、そして奇跡が巻き起こる!お楽しみに!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001