鈴原奈緒(松雪泰子)は、30歳半ばに至るまで恋人も作らず結婚もせず、室蘭の大学でひたすら渡り鳥の研究に励んでいた。そんな中、突然大学の研究室が閉鎖され、奈緒は仕方なく近隣の小学校で理科の教師となった。ある日、産休の教師の代わりに一年生の担任を任された奈緒は、クラスの中で浮いた存在の道木怜南(芦田愛菜)と出会う。幼いくせに、どこか自分を見透かしているような怜南が苦手だったが、怜南は無愛想な奈緒のことを慕ってきた。風変わりな怜南と接しているうちに、奈緒は気づく。彼女の身体にいくつか痣があることを。それが何を意味するのか、奈緒は直感でわかった。周囲の大人たちは見て見ぬフリをしていた。始めは奈緒も傍観する大人の一人だった。だが、そんな奈緒がある事件をきっかけに、重大な決意をする。怜南を誘拐し彼女の母親になることを…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001