奈緒(松雪泰子)は継美(芦田愛菜)のためにと、母親の籐子(高畑淳子)に娘だと紹介し、実家に身を寄せる。困惑しながらも籐子は、孫として継美を歓迎する。束の間の安らぎの中、奈緒は継美を学校に通わせようとするが、偽名で身分を明かせない継美の転入手続きは困難だと知り、思い悩む。そんな奈緒の様子を心配する籐子だが、次女の芽衣(酒井若菜)のお腹の子が重病を抱えていることを知り、投げやりな芽衣を無理矢理病院に連れて行く。しかし芽衣は、お腹の子供は諦める決心をする。一方室蘭から奈緒を追って戻ってきた雑誌記者・駿輔(山本耕史)は、ついに怜南が継美として鈴原家で暮らしていることをつかむ。そしてこれまで何かと親切にしてくれた葉菜(田中裕子)が、二人の事情に気づいたことを知った奈緒は、再び継美を連れて逃げようと考える。しかし葉菜は全てを知った上で二人の味方となり、奈緒はそんな葉菜を信じて留まる決意をするのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001