伊豆で事情聴取を受けた奈緒(松雪泰子)は、継美(=怜南・芦田愛菜)を誘拐したことを認め、逮捕される。葉菜(田中裕子)は、全ては自分が指示したことだと警察に訴えるが、奈緒を助けることは出来なかった。いっぽう継美は室蘭の児童養護施設に送られる。奈緒が逮捕されたことで、鈴原家には連日マスコミが押しかけ、籐子(高畑淳子)は社長を辞任し、果歩(倉科カナ)は就職内定が取り消される。だが、それでも鈴原家では家族として奈緒を支えていく決意をする。やがて奈緒は起訴され、裁判が始まろうとしていた。駿輔(山本耕史)は奈緒に面会に行くが、奈緒の頭にあるのは継美の心配だけだった。駿輔は、奈緒のこの強い母性そのものが奈緒の罪なのだと皮肉に思うのだった。そんな中、怜南を虐待していたことで、母親の仁美(尾野真千子)が逮捕された。そして、いよいよ裁判の判決が奈緒に下される。それは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001