大手文房具店に勤める28歳の楓(貫地谷しほり)は彼氏いない歴3年のピン女(ぴんじょ)。彼女は、高校時代の同級生・入江(塚本高史)の家で、同じく同級生の凛子(平岩紙)、 そして凛子の会社の後輩・あかり(谷村美月)、と毎日のように家飲みを繰り広げ、恋人のいない者同士、他愛のない話で盛り上がっていた。ネオンが輝きクリスマスが近づく中、楓は、自分が担当するクリスマスカードの売上げが不調だと愚痴ると、3人から恋愛していないことが仕事にまで影響を及ぼしているのだと分析される。そしてそのまま、なぜか仕事のためにも恋愛しようという話に押し流されていく楓。しかし、恋愛から長く遠ざかっているため、すっかり恋に対してネガティブ思考になっていた楓は、友人たちに仕掛けられる様々な作戦に、「めんどくさい」という言葉で逃げ出そうとしてしまう。それでも3人の強引な後押しで、楓は過去に出会った男性の中から1年前に一緒に仕事をしたことのある早見(平山浩行)を恋のターゲットにするが…。早見は、三十代で未婚、見た目もよく仕事のできる男性で、これ以上ないほど条件のいい相手だった。楓は、早見にアプローチを始めるが…。久しぶりに恋愛しようと頑張る楓の恋は、果たしてうまくいくのか!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001