東京郊外の住宅地に引っ越してきたばかりの真野若葉(ミムラ)は、購入した一戸建ての家で、夫の透(佐々木蔵之介)と、息子の尊(平野心暖)と共に、新たな暮らしを始めようとしていた。若葉は、荷解きをそっちのけで、近所の挨拶周りのためのクッキー作りに夢中・・・、前の幼稚園で仲間外れにされた経験から、相手の顔色ばかり伺うようになっていた。しかし、衝撃的な出会いが、若葉に強い影響を与えることになる。それは、ゴミ収集所で規則を守らない年配主婦に物申す、勇敢な女性の姿・・・そう、この人こそ、相手が誰でも「ダメなものはダメ!」と、ハッキリ物申す、『斉藤さん』こと、斉藤全子(観月ありさ)。面倒な事に巻き込まれたくないと去る若葉だったが、尊が入園する、こばと幼稚園で、息子・潤一(谷端奏人)を連れた斉藤さんと再会することになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001