島民たちの間に、信(竹野内 豊)への不信感がますます高まった。自治会長の治衛(平泉 成)と壮平(塩見 三省)は、そんな声を代表して、勇造(緒形拳)に信へ島を出て行くように促して欲しい、と頼む。話を聞いてしまった瑠璃(成海 璃子)は、一人で信が無実だと訴える。そんな中、瑠璃の母・直(西田 尚美)が突然島にやって来た。なんと、直は改めて瑠璃を引き取り、東京で一緒に暮らしたいと言うのだ。母の再婚のために一度は捨てられた瑠璃。あまりに身勝手な母親の発言に、瑠璃は家を飛び出してしまう。信に瑠璃は、本当の自分でいられる場所にいたらいいと言われる。職員室では、さなえ(小西真奈美)が何度も書き直した中学校設立の嘆願書を発見。その困難さをかみしめる。勇造は、どこに居たってそこにしっかりたっていればそれでいい、と励ます。漁をする二人はまるで本物の親子の様。一方、浜辺では直がその様子を見つめていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001