玄太が連れてきた光男は、絵理らとなかなかなじもうとしない。玄太の努力にもかかわらず、絵理たちは、光男をかばおうとする玄太の態度が面白くなかった。そんなある日、弥子の部屋に小鳥が迷い込んできた。弥子たちはそれを母・鶴子の生まれ変わりだと思い、飼い始める。(演出:宮崎 洋)

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001