玄太の勤める通信社で臨時の人事異動が行われようとしていた。新潟支社にカメラマンの欠員がでたので補充しようというもの。玄太も候補にあがったが楠公(長門裕之)は猛反対。ところが、東京での生活は娘たちの教育や健康のためにはよくないと考え始めていた玄太は新潟行きを申しでる。(演出:石橋 冠)

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001