無謀な手術で失態を演じた三郎(長谷川博己)は、田坂(内藤剛志)から今後一切の医療行為を禁じられる。亜希子(木村文乃)は、殴った相手は"昔の友達"と言うだけで説明を避ける三郎の態度に不安を抱く。三郎と連絡が取れなくなり、途方に暮れた亜希子は、明子(稲森いずみ)の元を訪ねる……。その頃、三郎は独り美琴島を訪れていた。診療所の村木所長(大友康平)たちと久しぶりの再会を果たす三郎。しかし、医師の道を閉ざされ、生きる意味を見い出せなくなった三郎は、死の扉に手をかけるが……!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001