加奈江(宮本裕子)に対する傷害の容疑で、逮捕された風太郎(松山ケンイチ)。風太郎をやっとの想いで捕らえることに成功した荻野(宮川大輔)は、風太郎を厳しく追及する。取調室では一言も発せず、茫然自失の風太郎は憔悴しきって牢獄に倒れこむ。その時、ある記憶が甦る。それは、初めて殺人を犯した幼いころ街へ逃げ込んだ日の記憶。一人の老人(品川徹)との出会いであった―――。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001