ある日、仕事を終えた小春(満島ひかり)が帰宅すると、望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている望海と陸を見つけ、児童相談所に通報したのだった。児童相談所の職員は虐待を疑い、小春に子供たちを誰かに預けることを勧める。小春は、再婚し地方のログハウスで暮らす由季(臼田あさ美)のもとへ、しばらく望海と陸を預けることにする。小春と離れて暮らすことになっても元気そうな望海と陸。しかし、次第に小春のもとへ帰りたいと思うようになった二人は、 東京を目指して駅へ向かう…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001