小暮(神保悟志)は潜入捜査官=どぶねずみを見つけ出そうと策を練り始めた。最も疑わしいのは、裏カジノの情報を偶然耳にしていた夏生(SHOKICHI)の店の連中だ。小暮と同様に、幹部の鮫島(虎牙光揮)も夏生たちに疑いの目を向けて、渉(NAOTO)やルナ(坂田梨香子)を問い詰めていった。一方、夏生は渉こそどぶねずみではという疑念を抱き始める。親友の渉を信じきれない夏生は自分を責め、苛立ちを隠せない。 同じ頃、ジャーナリストの城ヶ崎(山下健二郎)は実業家・風間(京本政樹)の身辺調査を開始していた。一方、風間と小暮は夏生の生死を賭けた異常なギャンブルが継続していることを確認する。 どぶねずみ探しを続ける小暮だが、決定的な証拠は見つからない。しかしある夜、小暮は尾行していたルナと渉の密会現場を目撃する――。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001