小暮(神保悟志)の仕掛けた罠にはまり囚われた潜入捜査官は、なんと幹部の鮫島(虎牙光揮)だった。その知らせを聞いた夏生(SHOKICHI)は、渉(NAOTO)に疑いの目を向けていたことを詫び、裏の世界を二人でいっしょにのし上がっていこうと言葉をかける。鮫島が潜入捜査官だと明らかになったものの、夏生の店では疑心暗鬼のムードは消えないまま。他にもまだ潜入しているのでは?と互いに疑いの目を向け合う。囚われた鮫島の生死が判然としないこともまた、渉やルナ(坂田梨香子)たちの不安をあおっていた。そのころ、警部補の矢崎(音月桂)は粘り強く捜査を続けていた。小暮を追い詰める次の一手を打とうと画策する矢崎――。どぶねずみは、もう一匹いるのだ!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001